キャラクター

キャラクター

サブストーリー9

【魔女の祝福】 草木も魔獣も眠る深夜、私はそっと動き出す。自室の机に魔法陣を書き終えたところで、祓魔師の部屋から革袋を拝借した使い魔が部屋に戻ってきた。「黒いの、ぐっすりだったぞ」「今日も朝まで起きないわね」魔法陣の上に革袋の中身を...
キャラクター

サブストーリー8

【炎のように】 巨大な手が魔女を掴み、木に叩き付けた。助ける間もなく、振り下ろされた巨大な鉤爪を銃とナイフでどうにか防ぐ。咳き込む音と鉄に似た匂いが辺りに充満した。「おい!大丈夫か!」「ごしゅじん!くそ、邪魔だ!」魔女の使い魔が悲痛...
キャラクター

サブストーリー7

【祓魔師の憂鬱と】 未開の森の仮住まいを出た瞬間、灼熱の精霊サラマンダーの猛威が振るう。暑い!なんだこれは!!!嘘でしょぉ?!!と素っ頓狂な声を上げる私に、『流石にいつもの祓魔師装束は無理でしょ。貴方冷却魔法使えないんだから。』とキ...
キャラクター

サブストーリー4

【見慣れぬもの】 豊穣の女神マイアの加護の月がやってきた。人々はさらに活気付き、ファンタジー市や闘技場も多くの人で賑わっている。というのにだ。最近の魔女ときたらあまり元気がない。いわく、使い魔の調子が良くないというのだ。彼女の使い魔...
キャラクター

ディアヒストリーのススメ

ディアヒストリーってなぁに?そんな疑問にお答えする紹介ページです。購入ボタンも設置してございますのでお気に召しましたら是非ともお迎えくださいませ!それではどうぞ↓ ディアヒストリーとは リフルシャッフルのイメージキャラ...
キャラクター

サブストーリー3

【呪いの正体、そして】 愛と美の女神の月。そして芽吹きの時。リフルシャッフル侯国にも、穏やかで暖かな季節がやってきた。が、頭を抱えていたのはシャッフル王女の侍女エリーナ嬢である。曰く、未開の地に留まるとかかる病があるそうだ。そう、私...
キャラクター

サブストーリー2

【マルスの季節に】 枯れ木も凍る、雪の女王の季節。比較的穏やかな気候のリフルシャッフル侯国も、流石に厚手の外套なしでは外を歩くのは厳しい。悪魔祓い師として各地を転々と放浪してきた私は、寒さにめっぽう弱い。暑さにも弱い。芽吹きの精霊の...
キャラクター

ディアヒストリー30

南門が見えてきた。未だ小さく見える門へ向かって、一本道を走り抜けた。甲冑を身に纏ったシャッフル王女は、ヘルムの隙間から門の周囲を凝視する。同じく鎧で覆われた愛馬シャルロットを華麗に操り林を抜け、門近隣の村を注意深く見渡した。 シャッ...
キャラクター

ディアヒストリー29

シャッフル王女は皆で朝食を済ませた後、ダイニングから立ち去ろうとする領主とエリーナを呼び止めて応接室に集まるよう声を掛けた。いつもとは違う声色、そしていつもとは違う瞳の輝きに、二人は何かを感じ取りすぐに了解を返答する。領主は「先に行ってて...
キャラクター

ディアヒストリー28

深い眠りの深淵で、誰かに名を呼ばれ振り返る。 ??? ディアよ…… 仄暗い夢の中、振り返ったその先に、金色に輝く獣がいた。 シャッフル王女 あなたは……グリフォン…… 鷲の頭と大きな翼。獅子の身体に大きな鉤爪。...
riffleshuffleをフォローする
タイトルとURLをコピーしました